未分類

PROFILE

未分類

はじめまして。MIKIです。
ママトラベラーといっても、

本来の仕事は金融営業職です。

2018年6月 
第一子出産を出産。
現在、2年間の育児休暇中。
育児休暇を利用して大好きな海外旅行を堪能したいと2019年1月より当時7ヶ月の娘を連れてハワイへ育休移住しました。

現在、雑誌『Marisol』のOfficial Bloggerに就任。
ハワイでの育休移住生活を中心に執筆しています。

子連れ旅でもおしゃれでスマートな旅をしたい!
賢く旅するコツやポイントを紹介しています。

育休移住をするきっかけはコチラから↓

そうだ!育休移住しよう♪

ハワイ移住をしようと思ったきっかけを簡単にご紹介。


きっかけは単純に「旅行が好きだから・・」です。

30代前半で結婚。


仕事も楽しく、大好きな旅行も夫婦ではもちろん、時には夫をおいて一人旅に出かけたりと本当に充実した日々を過ごしていました。

そんな中で生活が一変しました。


40代を目前に子供を授かることができました。

もちろん子供を授かった喜びはあるものの、

妊娠したことにより私の生活に様々な制限ができました。

「大好きな旅行に行けなくなってしまう」

というのもその一つです。

妊娠中、つわりが酷くて仕事をするのも大変でしたが、

出産したら子供とちょっと長めの旅行(10日間〜2週間程度)に出かけられたらいいなと淡い夢を抱いてなんとか仕事を乗り切りました.

そして、やっと産休に入り、無事出産しました。 

ついに出産。育児休暇に突入♪

娘も首が座ってきた生後3ヶ月頃から、

育てにも慣れ生活にゆとりが出てきました。
そんな時に感じたことは、 

仕事中=お金(給料)はあるけど休みがない
育休中=お金(育児給付金)も少々あるし休みもある
 

ということでした。

子供が生まれるまでは、はじめての出産、そして育児にこんな風に気持ちに余裕が出るかなんて想像もつきませんでした。 

妄想旅行のはじまりです!!!

そんな育児にも慣れてきた頃、つわりで苦しんでいた時に抱いてた淡い夢
「娘とちょっと長めの旅行に出かけたい!」を思い出したのです。

これからの長い人生。子育てと仕事の両立に追われる日々。

こんな風にゆっくりと娘と向き合いながら大好きな旅行をするのは今しかない!!!

「いつ行くの?」
「今でしょっ!!」 
ということで、この時ばかりは林先生が後押ししてくれました(笑)

せっかく行くならプチ移住しよう♪

そんなこんなで、決意は固まります。
そしてせっかく行くならちょっと長めの旅行ではなくプチ移住しようと決意。

アメリカの観光ビザは3ヶ月。ギリギリ3ヶ月行きたかったけど、予算など考え2ヶ月間のハワイ移住に決定!!!

夫は今まで私の言い出したことに反対するタイプではないので、いつものように事後報告(笑)

さあ、ここからが大変。住むところや、2ヶ月分の荷物の準備などなど・・・。
その珍道中はまたの機会にご紹介したいと思います。

結論!もっと長く滞在すればよかった!

現在は日本に帰国していますが、
当時は長すぎると思った2ヶ月間のハワイ移住。

しかし、帰国する頃には観光ビザMAXの3ヶ月間滞在すればよかったと後悔しました。
長すぎると思った移住は私にとっては短すぎたのです(笑)

 旅行では味わうことができない、現地で暮らすハワイ移住。

毎日が本当に刺激的で、私達母娘に新しい世界が広がりました。

もっと女性は自由に生きていい!!!

女性はライフイベントで、人生を左右することがあります。

例えば、結婚を機に仕事を辞めなければいけなかったり・・。
妊娠・出産を機に、キャリアダウンしたり・・・。
子育て中心になり、大好きな趣味が疎遠になったり・・・。

こうしたいと思い描いた人生を時に諦めなくてはいけない時もあります。

「いやいや、ハワイ移住だなんて、子供が一人だから行けるんじゃないの?二人いたら絶対無理ムリ・・」
と思う方もいらっしゃると思います。

私も子供が二人いたら躊躇するかも・・・

しかし、私が育休移住していた同時期に、同じく育児休暇を利用してワンオペでしかも3人のお子さんとハワイ移住しているパワフルな女性に出会いました。
しかも、末っ子はうちの娘より小さいお子さんでした。
そんな風に自分の人生を自由に生きる姿に私も大変刺激をうけました

またinstagramでは、「私も育休移住する予定です。」など

たくさんのメッセージをいただくことが増えてきました。


もっと日本の女性が自分の思い描いた人生を

自由に選択できるそんな世の中になったらいいですね!!!


育休移住したきっかけなど詳細はコチラから

コメント

タイトルとURLをコピーしました