旅トク情報

【旅トク情報】海外旅行で余った外貨の保管・収納方法を解説!

スポンサーリンク
旅トク情報
この記事を書いた人最新の記事
ママトラベラーMIKI

3歳女児の 旅好きの元証券ウーマン

2年間の育休中は、大好きな海外旅行を堪能すべくハワイへ育休移住。
2年の育休を経て仕事復帰後、退職。

子連れ目線のハワイ情報や子供とのお出かけレポ、子育てママに役立つ情報を配信しています。

雑誌『Marisol』公式official blogger
MarisolBlogはコチラから

子連れ旅でもおしゃれでスマートな旅をしたい!
賢く旅するコツやポイントを紹介しています。

プロフィール詳細はコチラから

✴︎Follow me✴︎

我が家には、夫の出張で定期的に渡航する国の通貨や大好きで1年に1回は必ず訪れる国の通貨含め、外国の通貨が約20カ国分ありました。
キャッシュレス化が進んだといえ、タクシーやチップで現金は必要です。
定期的に渡航する国は、残った外貨を円に戻すと為替手数料が高いのでそのまま保有したいところ。
今回は、海外旅行で余った外貨の収納方法となるべく外貨を減らして帰国する方法をご紹介したいと思います。

無印良品のパスポートケースを利用した収納方法

チャック付きで外貨を保管できます。
追加できるクリアポケットは3枚セットで450円。
パスポートや旅行をする際に使用する現地の交通系カードなども一緒に保管できます。

こんな感じでパスポートと一緒にセット。
旅行の時は、渡航する国以外のクリアポケットを外していけば、そのまま旅行に出かけられます。
但し、パスポートケースの厚みがないのでクリアポケットは9枚分が限度。
コインを減らして紙幣のみの収納がおすすめです。

外貨を現地で使う方法は?

① ランドリーやパーキング・自動レジを活用する

② Packet change を活用

MIKI
MIKI

電子マネーに交換できるなんてかなり便利♪

対応通貨や設置場所についての詳細はこちらから

③ 募金や寄付をする

MIKI
MIKI

意外と知らない方多いのでは?
①を現地で利用してそれでも余った外貨は募金がおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?
海外旅行に行けない今こそ、外貨収納や旅行グッズの見直しするいい時間ですね♪

MAHALO♡ ランキングにも参加中!応援クリックよろしくお願いします。 ↓↓↓

【無印良品】便利な旅行グッズおすすめ9選はこちら↓

【ハワイ購入品】激安!ウォルマートでチェックすべきアイテム8選はこちら↓

スポンサーリンク
✴︎Follow me✴︎
MIKI Travel Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました