移住生活 カフェ 子供の時間

【子供の時間】WaikikiKapahuluLibraryとTeapresso bar

スポンサーリンク
子連れ ハワイ ブログ ボバティー 移住生活

育休移住46日目その2

WaikikiKapahuluLibrary

中耳炎になりかけの娘はプール以外は遊びに出かけてもいいよとお墨付きをもらったので、お昼からは図書館でのLEGOのイベントに参加。

今回お邪魔した図書館はワイキキから一番近いカパフル公立図書館です。

1週間前もカパフル公立図書館の絵本の読み聞かせにきました。その際の様子はコチラ↓

ハワイの図書館は旅行者でも利用できます。

そんな旅行者にはワイキキから一番近いこのカパフル図書館が利用しやすいです。

なかなか短期間の旅行中に図書館はハードルが高いと思いますが、もし時間に余裕がある方にはとってもおすすめです。

オススメの1つ目の理由としては、絵本の読み聞かせ・歌遊び・簡単な工作など充実したプログラムだからです。

ハワイの図書館によってプログラムは違うと思いますが、日本の図書館の絵本の読み聞かせと全然違います。

日本は絵本の読み聞かせがあってそれで終了というパターンが多いですが、ハワイの図書館では絵本の読み聞かせ以外のプログラムがしかも英語で受けられます。

月齢によっては、まだ難しい作業があるかもしれませんが子供にとってはとっても楽しい内容になっていると思います。

そして今回はStory Timeではなく、LegoTimeのプログラムでした。

低月齢の子供用に誤飲しない大きなブロックも用意させていました。

今回の育休移住は2ヶ月間と期間限定なので帰国時に持って帰ることのできる小さなおもちゃはハワイでも購入したのですが、さすがに大きなブロックは購入できなかったので、娘にも遊ばせてあげることができて良かったです。娘もブロックを珍しそうに楽しそうにしてくれました。

そしてオススメの2つ目の理由は、また親子との交流の場になります。

カイルアの図書館にも長期滞在中の旅行者が図書館を利用していました。

同じ小さな子供をもつ親同士、「ここの図書館のStoryTimeが良かった。」とか、「子供の遊び場はここが良かった。」とか情報交換の場にもなりますよ!

そんな図書館のStoryTimeの時間や詳しいプログラムはこちらの公式サイトから確認できます。

旅行前にチェックしてみるといいですね。カパフル図書館はホノルル動物園やカピオラニ公園から近いので図書館のついでに近くで観光の予定を立てると効率よく回れると思います。

【子連れ情報】オムツ替えあり ベビーカーと入れる大きな個室トイレ有り

Teapresso

帰りにTeapresso でボバティー time☕️

今まで何件かボバティーを飲み歩きしましたがここが一番好きかも😍

後2.3軒トライしたいボバがあるので、ベストオブワンを決めたいと思います。

【子連れ情報】

ベビーカー入店可能 ハイチェアなし オムツ替えなし(ウォルマート近くなのでウォルマートでオムツ替えできます。)

MAHALO♡ ランキングにも参加中!応援クリックよろしくお願いします。 ↓↓↓

今までに行ったレストラン・ショッピング・観光の一覧はコチラから⇩

スポンサーリンク
✴︎Follow me✴︎
MIKI Travel Blog
タイトルとURLをコピーしました